2018年9月28日

雨の日は雨を愛す

人間の成長に才能や努力は必要だが、ネガティブな姿勢の中で力は発揮されない。充足した人生は前向きな姿勢の先にしかないようだ。「つらい」「つまらない」ことにも何かしらの喜びや楽しみを見出だせる人は強い。


晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。 
楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。
 
吉川栄治(1892~1962/作家)

2018年9月21日

富士山研修センター


月に一度の家族会。今月は富士河口湖町の研修センターを両親と弟が訪ねてくれた。ベランダから富士山が一望できるロケーション。自然豊かな環境でありながら、お隣の富士吉田市には富士急ハイランドをはじめ、大手ホームセンターや飲食チェーンが点在。10月下旬からは紅葉が楽しめる。

2018年9月14日

士農工商??


差別用語について学ぶレッスン中に江戸時代の身分制度「士農工商」について学生たちに問うてみたところ、みな怪訝そうな表情。調べてみたところ、「士農工商」という表現は2000年頃から教科書に掲載されなくなったとのことで、現在は武士>庶民(農民や町人)>穢多>非人という解釈に変わっている。どうりで反応が悪いはずだ。

2018年9月7日

左右?前後?上下?

若年層の思想的な傾向が右か左ではなく、上か下になってきているとの分析がある。左右の対立軸などに興味はなく、自分を高めるためにはどっちが必要かと考える合理的な思考。何かにつけ反対をし、弱者に光を当てよと言っている自分ではなく、うまく折り合いをつけ、要領よく上にいく自分を目指しているということ。


当然勝ちと負けは出てくるが、負けたら自分の責任で細々と次を狙う。それを世の中や政治のせいにはしない。文句ばかり言っている大人よりずっと潔いではないか。

先を歩く者は彼らに対立軸を植え付けるのではなく、彼らに様々な経験を積ませてやらねばならない。情報はあふれている。正誤・善悪などの価値観を一方的に押し付けるなどもっての外。情報を取捨選択し、自らの考えをしっかり構築できる人間を育てていきたいものだ。

2018年8月31日

夏は終わらない


夏が終わる…と落ち込んで(?)いらっしゃる方に朗報。三浦海岸海水浴場は今年、なんと9月いっぱいまで営業。水質抜群のロングビーチをあと1ヶ月は楽しめるのだ。

2018年8月24日

レビューのガイドライン


映画や舞台に関する作品レビューのガイドラインについて記しておきたい。自ら出向いた作品に対しては面白かったものだけにポジティブコメント。面白くなければスルー。お誘い頂いた作品については感じたままをコメントさせて頂く。無償でご招待頂いた作品に関しては当然ポジティブコメントのみ。

2018年8月15日

73回目の終戦記念日

今日は73回目の終戦の日。昭和20年8月15日は日本にとって史上最も重大な一日であったと言っていい。正午から流された終戦の詔勅で、昭和天皇は一体何を述べられたのか。その内容を熟知している日本人は意外に少ない。



今回は現代語訳付の映像(YouTube)を謹んで掲載させて頂く。現在の日本が存在するのも全てこの放送があったからこそ。戦争の功罪を語る前に、まずは歴史上の事実に触れることが最も大切だと私は思う。無知な自分を放置するなどもっての他。戦後73年目の夏、今一度自分なりに思いを巡らせてみたい。


YouTubeの映像使用に関して
映像は「YouTube」に掲載されているものをブログに埋め込む形でご覧頂いています。無断でダウンロードする行為は違法となりますのでご注意ください。

2018年8月10日

見ておきたい終戦映画

73回目の終戦の日を前に、日本人として是非見ておきたい映画を2本ご紹介したい。1つ目は2015年公開の「日本のいちばん長い日」。日本が太平洋戦争を終結させるに至った経緯とそこに携わった多くの人たちの苦悩が描かれている。ちなみに、「いちばん長い日」というのは、8月15日正午に玉音放送が流されるまでの1日を指す。


個人的には阿南陸軍大臣役の役所広司さん、鈴木貫太郎総理役の山崎 努さん、昭和天皇役の本木雅弘さんの演技が光っていたように思う。昭和42年に公開された前作ではナレーションでの解説を多用していた昭和天皇の部分を今作はセリフとしてしっかり描いているところも見どころ。


さて、もう1本は2012年にハリウッドで制作され、翌2013年夏に日本で公開された「終戦のエンペラー」だ。太平洋戦争の終結直後、日本統治のためにやってきた「マッカーサー元帥」と、彼から戦争責任に関する調査を依頼された「ボナー・フェラーズ」が、終戦直後の混乱した状況下で“真実“を求めて奔走する姿を描いた歴史ミステリーである。


戦記ものではあるものの、1つの恋愛エピソードを軸にして、全体的にはシンプルで見やすい構成になっている。名優トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーに扮するほか、初音映莉子さん、西田敏行さん、中村雅俊さん、桃井かおりさん、伊武雅刀さんら日本人俳優も多数出演。昭和天皇(エンペラー)は歌舞伎俳優の片岡孝太郎さんが演じた。単なるアメリカびいきの作品と思うなかれ、アメリカ(連合国)側の視点だけでなく、日本の立場もしっかり表現されている。

誰もが知っている歴史の一幕を通して、国のあり方、日本人のあり方を改めて考えさせてくれる2本。終戦の日を迎えるにあたり、日本人なら一度は見ておきたい映画だ。

※YouTubeの映像に関して
映像は権利者サイドが無償で公開しているものですが、ダウンロードする行為は「違法」となりますのでご注意下さい。当ブログではYouTube映像を「共有」させて頂く形でご紹介しています。視聴すること自体に何ら問題はありません。

2018年8月3日

車選びのお手伝い


大先輩の女性声優さんがお母様の送り迎えや日常使いのために手頃な中古車を購入したいとのことで、お世話になっているダイハツ東京販売の正規中古車センターへお連れした。軽の中古は総じて高値だが、積極的に価格交渉を仕掛ける。私が新車を買うタイミングでのお付き合い。これも何かの縁だ。

2018年7月27日

彩り冷麦2018


冷蔵庫にあった余り物で手抜きの夕飯。名付けて「彩り冷麦2018~豚のピリ辛しょうが焼き添え」。中途半端に残っていた冷麦を茹でて、冷凍ほうれん草と一緒に水切り。作り過ぎて冷凍しておいた豚のしょうが焼きを乗せて、豆板醤を添える。市販の白だしを薄めてかければ完成。